お問い合わせはこちら 082-247-4873
会員ログイン
現在ログイン中です

税務Q&A

税理士が、年度の税制改正内容や確定申告の留意点などをわかりやすく解説しています。
※記事内容の閲覧には、「会員ログイン」が必要です。
※記事は掲載時点の税制等に基づいています。

2018年度

2018年6月号掲載 消費税の軽減税率制度

平成31年10月1日より消費税の税率が8%から10%になり、同時に軽減税率制度が実施されると聞きましたが、軽減税率制度のポイントのほか対応のための補助金制度についても教えてください。
また、外食は軽減税率の対象にならないそうですが、気になるのは、ファストフード店やコンビニエンスストアのイートインスペースです。テイクアウトの意思表示をして軽減税率の8%で支払いましたが、急に雨が降ってきて「やっぱり店内で食べよう。」となったときに、お店の人に再計算してもらって、税率差額分を支払わなければならないのか心配です。

2018年5月号掲載 仮想通貨と所得税

近年、ビットコインなどの仮想通貨に関することを見聞きすることが多くなりました。
私が仮想通貨を取得し、それを使用して商品を購入した場合などの所得税の取扱いはどうなりますか。

2018年4月号掲載 法人番号の利活用について

社会保障・税番号(マイナンバー)制度が導入され、平成28年1月から順次利用が開始されています。個人番号についてはマイナンバーカードとして馴染みがあり、コンビニエンスストアで住民票の写しなどを取得するなどして利用していますが、法人番号についてはどのような利活用方法があるのでしょうか。

2017年度

2018年3月号掲載 「確定申告を誤っていた場合」

確定申告の受付が始まった平成30年2月16日に「平成29年分所得税の確定申告書」を税務署に提出しました。関係資料等を見直したところ、申告内容に誤りがあります。
正しい内容で申告しなければいけないと思いますが、どのようにすればいいですか。

2018年2月号掲載 「地積規模の大きな宅地の評価」について

相続などで宅地を取得した場合、その宅地の面積が広大なものについては、通常の評価額からその宅地の面積に応じて減額できると聞いています。最近、その基準や評価方法が改正されたと聞きました。どのように改正されたのですか。

2018年1月号掲載 通院費と医療費控除

私は歯の治療のため歯科医院にタクシーで通院していますが、通院費は医療費控除の対象となりますか。また、平成29年分の確定申告から、医療費の領収書を提出しなくてもよくなったということを聞きましたが、本当でしょうか。

2017年12月号掲載 取引相場のない株式(非上場株式)の評価方法の改正について その2

私は、非上場の同族会社であるA社の発行済み株式の40%を所有しています。
この株式は、子供に引継がせたいと考えていますが、最近、評価方法が変更になったと聞きました。どのような点が変更されたのでしょうか。

2017年11月号掲載 取引相場のない株式(非上場株式)の評価方法の改正について その1

私は、非上場の同族会社であるA社の発行済み株式の40%を所有しています。
この株式は、子供に引継がせたいと考えていますが、最近、評価方法が変更になったと聞きました。どのような点が変更されたのでしょうか。

2017年10月号掲載 増築した家屋の評価と申告

本年4月に死亡した父は、昨年、2,000万円をかけて、家屋(自宅)を増築しました。
相続税を計算する場合、建物の評価額は、固定資産税評価額と同額になると聞いていますが、父から相続した家屋も固定資産税評価額で評価すればいいですか。

2017年9月号掲載 土地の譲渡所得に係る1,000万円の特別控除

私は、平成21年に広島市の土地を購入し、現在も所有しています。リーマンショックの直後に創設された土地税制で、譲渡所得から1,000万円の特別控除ができるようになったと記憶しているのですが、その内容はどのようなものですか。

2017年8月号掲載 土地の交換を行った時の税金

私は農地を所有しておりますが、この度、不動産業者さんから、農地の一部(300㎡)と業者さんが開発した団地の1区画(200㎡)とを交換してほしいとの依頼を受けました。
子供の自宅建築用地として最適な宅地でもあり、交換に応じようと思っていますが、税務上何か問題になる点はありますか。

2017年7月号掲載 相続税の税務調査等

昨年、福山市に住んでいた父が亡くなり、広島市に住んでいる私と大阪に住んでいる妹の2人が遺産を相続したので、相続税の申告を行うことになりました。
相続税の申告は、私が住んでいる広島市の税務署ではなく、亡くなった父が住んでいた住所地を所轄する税務署に提出すると聞きましたが、なぜでしょうか。
また、申告と納税を済ませた後に、税務調査を受けることもあると聞いたのですが、その点についても教えてください。

2017年6月号掲載 タワーマンションを購入すると相続税の節税になりますか

私も高齢となり、タワーマンションによる相続税の節税対策を考えています。
このタワーマンションの評価方法が改正されたと聞きましたが、どのようになったのでしょうか。

2017年5月号掲載 庭園設備の評価と申告

本年4月に死亡した父は、昨年、1,000万円をかけて、自宅に庭を造りました。
父の相続税の申告に当たり、庭は敷地に付随しているものであるため、敷地を申告すれば庭も申告したことになりますか。

2017年4月号掲載 平成27年分の相続税の申告状況

最近、新聞記事や経済紙等で相続税に関する特集記事をよく目にします。平成27年分から相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられたため、相続税を納税しなければならない方が大幅に増加すると言われていますが、実態はどのようになっていますか。

一般財団法人ひろぎん経済研究所
〒730-0022 広島市中区銀山町3-1 ひろしまハイビル21 3階
TEL082-247-4873
受付時間 9:00~17:00(平日)
FAX082-242-8358
お問い合わせ・ご相談はこちら お問い合わせ
新規ご入会はこちら 新規会員お申込み